プログラミング生放送勉強会 第33回 @株式会社DMM.comラボ(恵比寿)でLTしてきました

By | Date : 2015/05/17 ( Last Update : 2016/06/16 ) | 39 views

こんにちはー!ニアです。

昨日(5月16日)、「プログラミング生放送勉強会 第33回 @株式会社DMM.comラボ(恵比寿)」に参加し、LT(ライトニングトーク)してきました。

 

1. 今回のLTの裏話

1-1. 今回そのテーマにした目的

前回(昨年12月20日)では、Mascot Chara Meterの紹介とその開発話についてのショートセッション(10分)をしましたが、今回は「gnuplotでVisual Studioと連携してみよう」というテーマで5分間のLTをしました。

 

Qiitaではこちらです→「Visual Studioの外部ツール機能を活用してみよう

なぜこのテーマにしたかというと、所属の研究室でVisual Studioとgnuplotを使用していて、外部ツール機能を使うと、gnuplotのカレントディレクリをVisual Studioのプロジェクトの方にあらかじめ移動するできることに気づき、その便利さを伝えたかったからです。

※因みに所属の研究室では、Excel禁止ではないですよ。gnuplotが推奨されているだけなので・・・

 

このブログでも「http://Visual Studioの外部ツールにgnuplotを登録してみよう!」(by Myoga)というエントリーで投稿されており、このスライドとQiita側のエントリーはそのリニューアル版となります(後者はQiitaの使い方とMarkdownの練習も兼ねていましたので)。

 

1-2. デモ中にまさかのアクシデント発生

私が発表の場で必要以上に緊張するのはいつものことですが、今回はデモンストレーションでgnuplotを操作していた時、cdコマンドを実行してエラーになるアクシデントが発生しました。

gnuplotでディレクトリ名を入力する時、区切り文字は「\」でなく「/」にする必要があります。しかし、私はエクスプローラーのアドレスバーからディレクトリ名をコピーしたため、区切り文字が「\」となってしまい、cdコマンドでエラーになってしまったのです。

実はというと、ディレクトリの区切り文字が「\」でも、ディレクトリ名そのものをシングルクオーテーション「’」で囲めば大丈夫です。私はいつもダブルクォーテーション「”」を使っているので、エラーを回避できませんでしたorz

 

gnuplotの正しいcdコマンド

※使用しているgnuplotのバージョンは4.6です。

 

1-3. 別の意味で煩わしさが解消されました

シナリオとしては、

gnuplotを外部ツール機能に登録することで、プロットデータファイルのあるフォルダーに一々cdコマンドで移動しなくても済む

になる予定でしたが、今回のアクシデントにより、

gnuplotを外部ツール機能に登録することで、gnuplotにおけるcdコマンドのルールをもし忘れてても大丈夫、プロットデータファイルのあるフォルダーに移動できるよ!

という内容になりましたが、「外部ツール機能を使うと、gnuplotをもっと便利に操作できる」という当初の目的はなんとか達成できました。

 

 

2. おわりに

主催者の皆様、スタッフの皆様、会場を提供してくださった株式会社DMM.comラボの皆様、参加者の皆様、視聴者の皆様ありがとうございました。

機会がありましたら、またお会いしましょう。

 

それでは、See you next!

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*