ストレングスファインダーを受けて、私の強みを調べてみました

By | Date : 2016/07/05 ( Last Update : 2016/11/19 ) | 189 views

Nia-TN-SDF-A2

こんにちはー!ニアです。

今回は「ストレングスファインダー」を受けて、自分の強みを調べてみたお話です。

 

1. 私の本当の強みとは・・・?

ある日ブログを巡回していたら、「ストレングスファインダー(Strength finder)」というキーワードを知りました。ストレングスファインダーとは、Gallup社が開発した性格診断ツールで、Web上の診断テストを受けることで、自分の5つの強みを知ることができます。

私の本当の強みって何でしょう・・・?

そこで私の強みを知るために、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」を本屋で購入し、ストレングスファインダーを受けてみました。

 

2. ストレングスファインダーの受け方

Clifton StrengthsFinderにアクセスします。

sf-12

「新規ユーザーとして登録するにはここをクリック」と書かれたリンクをクリックします。

アクセスコードの入力画面が現れたら、本に付いているアクセスコードを入力します。

注:アクセスコードは1回限り有効なので、本は新品で購入することをオススメします。

sf-13

次に氏名、電子メールアドレス、ユーザー名、パスワードなどを入力します。

sf-14

sf-15

これで登録は完了です。早速テストを受けてみましょう。

使用する言語を選択します(日本語はジャマイカ語の次にあります)。

sf-16

次にClifton Strengthfinderテストを受けるか、既存の結果をコピーするかどうかを尋ねられます。今回は新規にテストを受けるので、前者を選択します。

sf-17

ようこそ画面が表示されます。

sf-18

次へボタンを押すとテストが始まります。質問は177個で回答時間は35分程度です(私の場合、30分かかりました)。1問当たりの回答時間はわずか20秒なので、自分の直感で回答していきましょう。

 

3. ニアの強み

3.1. ストレングスファインダーで判明した、ニアの強み

私こと、ニアの結果は以下のようになりました。

sf-19

  1. 最上志向(Maximizer)
  2. 学習欲(Learner)
  3. 着想(Ideation)
  4. 内省(Intellection)
  5. 収集心(Input)
あら、「最上志向」がトップになるとは・・・。
でも言われてみれば、色々心当たりがありそうです。

 

3.2. 5つの強みの解説を読んで思ったこと

結果のページからそれぞれの強みの解説があったので、自分の5つの強みの所を読み、過去を振り返りつつ思ったことをここに挙げます。

 

3.2.1. 私は昔から、好きなこと・得意なことに熱中するタイプ

昔から私は、好きなこと・得意なことに熱中するタイプなのかもしれません。小学生の頃は得意な算数と理科を勉強する時のモチベーションが他の教科より高かったです。これは大学時代の頃にも当てはまり、情報処理系(特にプログラミングを扱う実習)の勉強する時のモチベーションがとても高かったです。

私は得意分野において、自分よりスキルの高いライバルがいると、そこに憧れます。とはいってもライバルに勝つということではなく、純粋にさらなる高みを目指して己のスキルを磨くのが面白いのです。

 

好きこそ物の上手なれ」のことわざ、私は好きです。

 

3.2.2. 1を学び10の知識を得る

私は、興味のあるものには自ら進んで学んでいき、知識やスキルを身に付けていくのに喜びを感じます。プログラミングの場合、ただ学ぶだけでなく、実際にコードを書いて実行し、さらにはパラメーターを変えたり、コードの一部を改造したり、別のプログラミング言語で書いたり、関連する知識も取り入れたりして、より深く学ぶのが私の流儀です。

最近では、Android WearのWatch FaceアプリをC#(環境はXamarin)で開発するために、Android Studioで作成したJavaのソースコードをC#に移植しています(⇒ リンク)。

 

3.2.3. 新しいモノを求めて

私は、新しいモノには強い好奇心を抱きます。なぜなら、新しいモノは今までの習慣を大きく変えられる夢と希望が詰まっているからです。

例えば私がよく使っているC#の場合、最新バージョンのC#6.0の機能を調べ、実際にコードを書いてみると、前バージョンのC#5.0より効率よいプログラムになることを実感しました(⇒ リンク)。特に文字列の挿入やnameof演算子、null条件演算子の便利さに感動したことは今でも覚えています。

次期バージョンのC#7.0が待ち遠しいです。

 

3.2.4. 私の頭の中でいつも何かをシミュレートしている

私はよく考え事をするのです。例えば、

このコードにしたら、実行結果は○○になるのかな~?

と結果を予想したり、

Aを購入すれば○○ができて、Bを購入すれば△△できそう。
迷っちゃう~!

とどちらを選ぶか悩んだり、

もっと効率よくなるには、どう工夫しよう。

と改善方法を考えたり、頭の中でいつも何かシミュレーションという名のプロセスが稼働しているのです(さすがに寝ている時や頭痛の時は例外です(笑)。特に頭痛になると辛いです(泣))。

 

4. おわりに

今回はストレングスファインダーのテストを受けて、私が持つ5つ強みを調べてみました。

テストを受ける前までは、「興味がある分野には貪欲に学ぶ」というのが私の強みかなと思っていたのですが、今回のテストによって、その強みが本当の強みであることと、小さい頃からそれらの強みの兆候が表れていたことが分かりました。

 

それでは、See you next!

 

参考文献、参考サイト

繰り返しますが、ストレングスファインダーのテストを受けたい時は、新品の本を購入しましょう。

 

【番外】 うわっ、私の強み偏り過ぎ

まとめサイトによると、ストレングスファインダーで判定される34個の強みは、4種類の領域に分類されます。

領域 強み
実行力 アレンジ、回復志向、規律性、公平性、慎重さ、信念、責任感、達成欲、目的志向
影響力 活発性、競争力、コミュニケーション、最上志向、自我、自己確信、社交性、指令性
人間関係構築力 運命思考、共感性、個別化、親密性、成長促進、調和性、適応力、包含、ポジティブ
戦略的思考力  学習欲、原点思考、収集心、戦略性、着想内省、分析思考、未来志向

私の場合は影響力1と戦略的思考力4と、思考力にかなり偏っているのです(笑)。きっとストレングスファインダーはこう言っているのだと思います、「あなたは(得意な分野における)スペシャリストになれ」と。

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*