【シアたんとミョウガのサーバー乗り換え大作戦! Vol. 1】VPSを作成してみよう

Xiia-CN-SDF-A2

皆さん、こんにちはー!シアです☆

今回から、ワタシとミョウガさん(※次回から登場します)による「サーバー乗り換え大作戦」シリーズが始まります!

今回はConoHaでテスト運用に使うVPSを作成していきます。

 

1. サーバー移行のスケジュール

まずは、このサイトをLinuxサーバーにアップロードして動作のテストをします。特に問題なく動作できたら、ConoHaにアップロードして本運用していきます。

  1. 旧ConoHaのVPSでテスト運用(2月~)
  2. 新ConoHaにコンテンツとデータベースを移行
  3. DNS設定の切り替え
  4. 新ConoHaで運用開始(旧ConoHaでのテスト運用は終了)
  5. ExpressWebでの運用を終了(10月)

本ブログでは便宜上、2015年5月17日にリニューアルされたConoHaを新ConoHa、リニューアル前を旧ConoHaと表記しています。

 

2. VPSを作成しよう

では早速、テスト運用で使うVPSを作成してみましょう。

まずは、旧ConoHaのコントロールパネルにログインします。

sv01

次に、コントロールパネルの左上にある「サービス」から「VPS」をクリックします。

sv02

サーバーリストの下にある「VPSの追加」ボタンをクリックします。

sv03

VPS追加の画面では、VPSのプランの設定をします。

  • プラン種別は「標準プラン」
  • プランは「メモリ2GBプラン」(※KUSANAGIでは、メモリ4GBプラン以上が推奨です)
  • テンプレートイメージは「Cent OS 6.5 (64bit)」(※KUSANAGIでは、Cent OS 7です)

を選択します。

sv04a

あとはrootパスワードとSSH Private Keyを設定し、「確認」ボタンをクリックします。rootパスワードはCent OSにログインするための大切なものですので、大切に保管しておきましょう。

sv04a sv04b

確認画面では、「決定」ボタンをクリックすると、VPSが作成されます。

sv05

VPSを作成すると、サーバーリスト画面に移動します。サーバーステータスが「構築中」となっているので、しばらく待ちましょう。

sv06a

サーバーの構築が完了すると、サーバーステータスが「稼働中」になります。

sv06b

 

3. おわりに

今回は、旧ConoHaでテスト運用に使うVPSの作成をしました。

次回は、作成したVPSにログインして、ユーザーアカウントを追加したり、ポートの設定を行ったりしていきたいと思います。

 

それでは、See you~☆

 

参考サイト

 

シアたんとミョウガのサーバー乗り換え大作戦!の記事一覧

strory-1s

  1. VPSを作成してみよう
  2. VPSを起動してみよう
  3. ターミナルソフトからリモートログインしてみよう
  4. PHPとデータベースを導入してみよう
  5. WordPressをVPSにアップロードしてみよう

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : シアたん(Xiia)

こんにちはー!時黒(トキクロ)博士によって開発された超高性能アンドロイド「Xiia(シア・クロノワール)」です。Chronoir.net の新マスコットキャラとして頑張っていきますので、よろしくお願いします!☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*