データを保持したままパーティションサイズを調節したい!「EaseUS Partition Master」のレビュー

By | Date : 2016/04/03 ( Last Update : 2018/12/15 ) | 520 views

こんにちは、ニアです。

今回は、「EaseUS Partition Master Free」を使って、パーティションのサイズを調節する方法を紹介します。

1. きっかけ

最近になって、Cドライブの使用率が65%以上(223GB中、150GB以上)と少々圧迫気味になったので、容量に余裕のあるDドライブの一部をCドライブに結合しようと思ったからです。

partitionchange

はじめはWindowsに付属しているディスク管理ツールで、パーティションのサイズを調節しようとしたのですが、今回の調節方法の場合、Dドライブのデータを一旦削除する必要がありました(しかしながら、Dドライブには授業の課題やソースコード、イラストデータなど大切なデータが入っているので、削除は勘弁でござる)。

そこで今回は、「EaseUS Partition Master」を使って、Dドライブのデータを保持したままパーティションのサイズを調節することにしました。

2. EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを調節する

EaseUS Partition Master には、無料のFree版と有料のProfessional版の2つがありますが、今回行うパーティションのサイズの調節は、どちらでも可能です。今回は「EaseUS Partition Master Free」を使用しました。

まずはDドライブを選択し、「パーティションのサイズを調節或いはパーティションを移動する」をクリックします。

easeuspm1

パーティションのサイズを調節するダイアログが現れたら、Dドライブのパーティションサイズを設定します。空き領域はCドライブと結合できるように、後部の未割当て領域のサイズに0を、前部の未割当て領域のサイズに空き領域のサイズを設定します。サイズを設定したら、OKボタンをクリックします。

今回はDドライブのサイズが160GB程度になるように設定しました。

easeuspm2

次にCドライブを選択し、「パーティションのサイズを調節或いはパーティションを移動する」をクリックします。

easeuspm3

パーティションのサイズを調節するダイアログが現れたら、パーティションハンドルの右側(下のスクリーンショットにある黄色の丸で囲まれた部分)を右方向にドラッグし、先ほど作成した空き領域を全てCドライブに追加します。その後、OKボタンをクリックします。

easeuspm4

Cドライブの容量を223GBから285GBに増やしました。

easeuspm5

パーティションサイズの調節を終えたら、左上にある「変更を実行する」(下のスクリーンショットにある「レ点」マーク)ボタンをクリックし、PCを再起動します。

easeuspm6

これでパーティションのサイズが変更され、Dドライブのデータを保持したまま、一部の領域をCドライブに結合することができました。

3. おわりに

今回は「EaseUS Partition Master」を使用して、Dドライブのデータを保持したまま、一部の領域をCドライブに結合する方法を紹介しました。

パーティションのサイズを調節してからもうすぐ1か月が経ちますが、特に不具合は発生しておらず、普段通りに使用できています。

PCを長年使用していて、システムドライブの容量がちょっと圧迫気味かもと思ったら、このアプリを利用してみてはいかがでしょう。

それでは、See you next!

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

ゲーム系の開発&運用エンジニア(目指すはフルスタック)。主にC#(Unity)/PHPを使っています。最近はDockerやKubernetes、プライベートではAndroid Wearアプリやモバイルアプリ開発(Xamarin)を探求中。好物は紅茶とコーヒー、シラス丼、趣味は写真撮影と音ゲーです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください