PHPのモジュールをアップデート後、phpMyAdminを開けない時に、チェックしておきたいポイント

By | Date : 2016/07/16 | 1,109 views

カテゴリ : Web開発 タグ: , , ,

Nia-TN-SDF-A2

こんにちはー!ニアです。

今回は、PHPのモジュールをアップデート後にphpMyAdminを開くとエラー画面が表示される時に、チェックしておきたいポイントを紹介します。

 

1. 問題 : PHPのモジュールをアップデートした後にphpMyAdminにアクセスするとエラーメッセージが表示される

PHPのモジュールをアップデートした後にphpMyAdminにアクセスすると、以下のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

phperror

phpMyAdmin – Error

Error during session start; please check your PHP and/or web server log file and configure your installation properly. Also ensure that cookies are enabled in your browser.


phpMyAdmin – エラー

セッション開始エラー; PHP及びWebサーバーのログファイルを確認し、インストールの設定を正しく設定してください。また、ブラウザのCookieが有効になっていることを確認してください。

 

原因として考えられるのは、PHPのセッションを保存するファイルやディレクトリ名の所有者及びグループが、アップデートによって変更された可能性があります。

 

2. 解決方法 : セッションフォルダーの所有者情報を正しく設定する

PHPのセッションフォルダーの場所はデフォルトで、以下のようになっています。

PHPのバージョン セッションフォルダーの場所
5.x /var/lib/php/session
7.x /var/lib/php7/session

 

なお、セッションフォルダーの場所は、phpinfo関数を呼び出して出力された表、もしくはphp.iniファイルにある「session.save_path」の所に記述されています。

phpsession

 

ターミナル上で「ls -al」コマンドを実行して、セッションフォルダーの所有者情報を調べます。

本ブログを運用しているサーバー環境の場合、セッションフォルダーの所有者情報は以下ように、rootとなっていました。

Webサーバーからそれらのフォルダーへアクセス可能にするために、chownコマンドを実行して、所有者情報を以下のように設定します。

フォルダー・ファイル 所有者 所有グループ
. root www
sessionフォルダー及びその中のファイル nginx(nginxの場合)

httpd(Apacheの場合)

www
wsdlcacheフォルダー及びその中のファイル root www

 

 

これで、phpMyAdminに正しくアクセスできるようになりました。

phpok

 

3. おわりに

今回は、PHPのモジュールをアップデート後にphpMyAdminにアクセスするとエラー画面が表示される時に、チェックしておきたいポイントと解決方法を、このブログを運用しているサーバー環境で起きた時の経験を交えて紹介しました。

同じようなトラブルに遭遇した時のお役に立てたら幸いです。

 

それでは、See you next!

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*