ConoHaでメールサーバーを導入してみよう

By | Date : 2016/05/11 ( Last Update : 2016/05/24 ) | 1,098 views

Nia-TN-SDF-A2

こんにちはー!ニアです。

今回は、ConoHaでメールサーバー(アプリケーションサーバー)を導入して、独自ドメインでメールアドレスを作成し、メールクライアントアプリでメールを送受信する方法を紹介します。

 

1. メールサーバーを作成

ConoHaのコントロールパネルから、サーバーの追加ボタンをクリックします。

ma-01

サーバーの追加画面にて、タイプから「アプリケーションサーバー」を、サービスから「メール」を選択します。

ドメイン名に、お好みのconoha.ioのドメイン(メールアドレスのドメイン名になります)とネームタグを入力し、バックアップの有無、ディスクの容量を選択して、「追加」ボタンをクリックします。

 

1.1. 独自ドメインとMXレコードとSPFレコードの設定

メールサーバーを作成したら、そのサーバーのネームタグをクリックして設定画面を開きます。

サーバー情報のツリービューを開き、MXレコード設定値SPFレコード設定値の2つをメモしておきます。

ドメインリストにある「+ドメイン」ボタンをクリックし、入力ボックスにドメイン名を入力します。

左側のDNSをクリックし、ドメイン名のツリービューを開き、MXコードとSPFレコードを設定します。

MXレコード SPFレコード
タイプ MX TXT
名前 @ @
TTL 3600 3600
MXレコード設定値 SPFレコード設定値
その他 優先度は10

設定したらdigコマンドまたはnslookupで、MXレコードとSPFレコードが正しく設定されているかどうか確認します。MXレコードやSPFレコードをチェックするWebサービス(MX TOOLBOXなど)を利用するのも手です。

 

1.2. メールアドレスを作成

メールサーバーの設定画面に戻ります。

メールアドレスリストにある「+メールアドレス」をクリックし、メールアドレスのローカル部とパスワードを入力し、コンボボックスからドメインを選択して、保存ボタンをクリックし、メールアドレスを作成します。

なお、作成したメールアドレスはメールクライアントからログインする時のアカウント名となり、設定したパスワードはそのアカウントのパスワードとなります。

ma-06

注:画像内の例として扱っているメールアドレスは、実際の運用では使用していません。そのメールアドレス宛に送信してもエラーになります。

 

2. メールクライアントからメールを送受信してみよう

ここではOutlook 2016を例に、作成したメールアドレスでメールを送受信できるようにしていきます。

 

2.1. アカウントの作成

Outlookを起動し、新しいアカウントのセットアップ画面を開きます。ラジオボタンから「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、次へボタンをクリックします。

ma-09

サービスの選択画面では、「POPまたはIMAP」を選択し、次へボタンをクリックします。

ma-10

アカウント設定画面では、ユーザー情報とサーバー情報、ログオン情報を入力します。

電子メールアドレス ConoHaのメールサーバーで作成したメールアドレス
アカウントの種類 POP3 または IMAP
アカウント名 電子メールアドレスと同じ
パスワード ConoHaのメールサーバーで作成したメールアドレスのパスワード

POP3の場合

IMAPの場合

POP3、IMAP、SMTPサーバーのアドレスは、メールアドレスリスト内のメールアドレスのツリービューの中にある「接続先サーバー」に書いてあります。

ma-08

詳細設定ボタンをクリックして、インターネット電子メール設定のダイアログを開きます。

送信サーバーのタブを選択し、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」のチェックボックスをオンにします。認証方法は「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。

ma-12

詳細設定のタブを選択し、サーバーのポート番号を入力して、OKボタンをクリックします。

受信サーバー POP3では110、IMAPでは143
送信サーバー 587
ma-13

POP3の場合

ma-24

IMAPの場合

設定を終えたら、次へボタンをクリックし、ログオンとテストメールの送信が正しくできているかどうか確認します。

ma-15

ma-16

 

2.2. メールを送受信してみよう

アカウントを作成したら、試しにメールを送受信してみましょう。

ma-18

メールを送信したら、宛先側のアカウントの受信トレイにメールが受信されたかどうか確認します。

もし、迷惑メールに振り分けられた場合、DNSのSPFレコードが正しく設定されているかどうか確認しましょう。

今度はメールを返信してみます。

ma-20

メールを返信したら、受信トレイにメールが受信されているかどうか確認します。

POP3の場合、「すべてのフォルダーを送受信」ボタンをクリックしてメールを受信します。IMAPの場合、自動的にメールを受信します。

 

3. おわりに

今回はConoHaでメールサーバーを導入して、独自ドメインでメールアドレスを作成し、メールクライアントアプリでメールを送受信する方法を紹介しました。

メールアドレスを管理するだけでなく、迷惑メールの振り分けやメールの転送機能もあります。欲を言えば、SSL/TLSに対応していたらさらによいかな。

自サイトのメールサーバーを手軽に立てたい時に、アプリケーションサーバーでの構築は便利だと思いました。

 

それでは、See you next!

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*