Visual Studioの外部ツールにgnuplotを登録してみよう!

By | Date : 2015/05/14 ( Last Update : 2016/11/29 ) | 1,182 views

Nia-TN-SDF-A2

こんにちはー!ニアです。

今回はVisual Studioの便利な機能を紹介します。

 

1. はじめに

Visual StudioにはコマンドプロンプトやGUID作成などの「外部ツール」を呼び出す機能があります。

外部ツール

Figure-1.1: 外部ツール

※上図の黄枠で囲まれた部分が外部ツールです。 ここにコンピューター上の任意の実行ファイルを登録することもできます。

2. 外部ツールを登録する

ここではフリーのグラフ作成ツールの「gnuplot」を例に登録してみます。

1. メニューバーから「ツール(T)」→「外部ツール(E)」を選択します。

外部ツール

Figure-2.1: 外部ツールの設定画面を開く

 

2. 外部ツール設定画面で「追加(A)」を押します。

外部ツールの追加

Figure-2.2: 外部ツールの追加

 

3. アイテムを追加したら、それを選択して「タイトル(T)」、「コマンド(C)」、「初期ディレクトリ(I)」を入力し、「OK」を押します。

140213-0004

Figure-2.3: 外部ツールの編集

  • 「タイトル(T)」にはメニューに表示する名前を入力します。「&P」はアクセスキーと呼ばれ、 Alt+アルファベット or 数字キーで項目を選択できます。(この例では「Alt」+「P」キー)
  • 「コマンド(C)」にはgnuplotのパス(ここでは「wgnuplot.exe」)と入力します。
  • 「初期ディレクトリ(I)」には「$(ItemDir)」と入力します。 「$(ItemDir)」とは現在開いているファイルのディレクトリを表します。 ※外部ツール用の引数についてはMSDN ライブラリを参照してください。

 

4. gnuplotが外部ツールに登録されているか確認します。

140213-0005

Figure-2.4: 外部ツールにgnuplotが追加されました。

gnuplotが外部ツールに登録されていたら、早速起動してみます。現在のディレクトリを取得する「pwd」コマンドで、現在開いているファイルのディレクトリが表示されれば、正しく設定されています。

140213-0006

Figure-2.5: 外部ツール経由でgnuplotを起動

こうすることで、「cd」コマンドで一々ディレクトリを移動せずに、目的のファイルからグラフ作成することができます。

3. おわりに

この記事ではgnuplotを例に登録しましたが、Visual Studioと連携して使用できそうなツールがあれば、外部ツールに登録してどんどん活用していくと便利です。

それでは、See you next!

 

Extra

Figure-2.4を見ると、「gnuplot」に設定したアクセラレーターキーが「プロセスにアタッチ」のと被っていまが、心配無用です。 「Alt」+「P」キーを押す度に、「プロセスにアタッチ」→「gnuplot」→「プロセスにアタッチ」・・・と順繰りに選択されます。

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*