本サイトがTwitterにスパム判定を受けてから解決までの道のり

By | Date : 2016/05/04 ( Last Update : 2016/05/24 ) | 640 views

◆ 5月14日 追記

5月14日の午後にスパム判定が解除されました。現在は本サイトのURLを含むツイートができ、ツイート上のリンクから通常通り本サイトを開くことができます。

 

Nia-TN-SDF-A7

ニアです。

サーバー移行を行った先月28日に本サイトがTwitterからスパム判定を受けていましたが、今月14日に解除されました。

今回は、本サイトがスパム判定を受けてから解決するまでの流れを書いていきます。もし自分のサイトがスパム判定を受けてしまった時に参考になれば幸いです。

 

1. サーバー移行後に悲劇が起きました

本サイトのサーバーを移行した先月28日の深夜に、ツイート上のリンクからこのサイトを開こうとすると、以下のような警告画面が出てしまうことに気付きました。

twa

一応、「Ignore this warning and continue」にあるリンクをクリックするとサイトにアクセスできますが、初めて訪れる方にとっては、不安になってアクセスするのをためらってしまうかもしれません。これでは、サイトへのアクセス数が大幅にダウンしてしまう可能性があります。

 

なお、サイトがTwitterにスパム判定されてしまうと、

  • そのサイトのURLを含むツイートできない
  • そのサイトのURLをプロフィール欄 or ホームページ欄に入力すると、エラーで更新できない
  • Twitter用のアプリでホームページ欄にそのURLを入力すると、エラーで作成・情報の更新ができない

などの問題も発生します。また、http・httpsを変えても、wwwを付けてもブロックされます。

 

2. 解決までの流れ

2.1. サイトにマルウェアなどの疑いがないかどうかチェック

まずは、サイトにマルウェアやスパイウェアなどの疑いがないかどうかをチェックしました。

本サイトでは、マルウェアやスパイウェアなどの疑いはありませんでした。

Google セーフブラウジングステータス

Google セーフブラウジングのサイトステータス

トレンドマイクロ

トレンドマイクロによるWebサイトの安全性の評価

gred

gred

URL Void

URL Void

 

2.2. Twitterヘルプセンターに問い合わせ

次に、Twitterヘルプセンターに問い合わせました。

Twitter上の危険性のあるリンク – Twitterヘルプセンター

「ご自分のウェブサイトが危険性のあるサイトと判定された場合」の中にある「こちら」をクリックします。

フォーム画面では「問い合わせの内容」から「Twitterがスパムと判断したため、リンクをツイートできません。」を選択し、入力フォームに自分のサイトのURLなどを入れて、送信するボタンをクリックします。

tw-report

 

先月30日に送信しましたが、受付完了という自動返信メールしか返ってきませんでした。

 

2.3. スパムリストに載っていないかどうかチェック

解決方法をインターネットで調べてみると、「Spamhaus」のブロックリストにドメインが載っている可能性があるという情報を見つけ、本サイトのドメインで検索してみたところ、載っていました。

ドメインが載っていた場合、解除申請のフォームからドメイン名とメールアドレス(フリーメール以外で)、画面上の画像に表示されている番号を入力し、「Remove」ボタンをクリックします。

Spamhausから送られてきたメールのリンクをクリックすると、解除完了の画面が表示され、スパムリストのデータベースから削除されます。

先月30日に解除申請をし、現在は解除済みです。

spamhaus

 

2.4. 旧ドメインは無事です

ちなみに、現行のドメインに301リダイレクトしている旧ドメイン(myoga-tn.expressweb.jp)は無事です。

 

2.5. なぜかTwitterカードの検証ツールは問題なく通る件

本サイトにはTwitterカードを導入していますが、検証ツールに本サイトのURLを入れたところ、問題なく通りました。謎です。

twitter-card

 

2.6. Bitlyの導入を試みるも・・・

8日に暫定的な処置として、記事内のツイートボタンからシェアする時に、記事のURLをBitlyの短縮URLに変換するようにしました。短縮URLであればツイートができ、ツイート上のリンクからTwitterの警告画面に飛ばされずにサイトの記事を開くことができる・・・・・・

と思ったのですが、13日にその短縮URLを含むツイートができない(※なぜか、プロフィール内に含めることはでき、ツイート上から開いても警告ページに飛ばされず、普通にアクセスできるのです)問題が発生しました。

これでは記事をシェアできないので、URLは元に戻しました。

 

2.7. ダメもとでネームサーバーを変更してみる

解決方法の調査をしていると、とある噂を見つけました。

噂によると、ConoHaで良くないことをしている人がいるのでconoha . ioのDNSごと巻き添えに…?

Spamhausにドメインがまたスパム扱いされてしまった – Hot Bakery より引用

 

まさか・・・と思ったのですが、

  • ネームサーバーをExpressWebのDNSからconoha.ioのDNSに変更した日が、スパム判定を受けた日と同じ先月28日
  • Twitterにスパム判定を受けているのにもかかわらず、Twtterカードの検証ツールは問題なく通る

ということから、もしかするとネームサーバーが原因で、ドメインがスパム判定を受けているという可能性が浮上しました。そこで13日の夜に、ネームサーバーをconoha.ioのDNSから、お名前.comのDNSに変更しました。

ネームサーバーの変更後、ドメインが再びSpamhausに登録されてしまいましたが、解除申請し、すぐに解除してもらいました。

 

3. 現在は解決済みです

ネームサーバーを変更してから半日後の14日の午後(スパム判定を受けてから16日後)に、スパム判定が解除されました。本サイトを訪れる方々にはご不便をおかけしました。

原因は、やはりネームサーバーだったのでしょうか・・・、真相は迷宮の中です。いずれにせよ、悪事を行うスパマー憎んでconoha.ioのDNSとTwitterとSpamhaus憎まず・・・です。

 

とにかく、本サイトが無事で本当によかった

 

 

参考サイト

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*