ConoHaのアプリケーションイメージからHinemosを導入して、VPSをモニタリングしてみよう!

By | Date : 2016/07/09 ( Last Update : 2016/11/19 ) | 149 views

カテゴリ : Web開発 サーバー タグ: , ,

Xiia-CN-SDF-A2

皆さん、こんにちはー!シアです☆

今回は、ConoHaのアプリケーションイメージからオープンソースの運用管理ツール「Hinemos」を使って、VPSをモニタリングしてみます。

 

1. Hinemosとは

Hinemos(ヒネモス)とは、NTTデータが開発しているオープンソースの統合運用管理アプリケーションです。ネットワークに繋いだコンピューター(物理、VPS、クラウド)をまとめて管理し、サーバーの状態をモニタリングしたり、ジョブ管理機能でバッチ処理を定期的に実行させたりすることができます。

hm001

 

2. ConoHaでHinemos用のVPSを作成してみよう

今回は、ConoHaのアプリケーションイメージからHinemos用のVPSを作成し、このサイトを運用しているKUSANAGIのVPSをモニタリングしていきたいと思います。

hm002

 

ConoHaのコントロールパネルにアクセスし、サーバー追加画面を開きます。イメージタイプから「アプリケーション」を選択し、アプリケーションのドロップダウンから「Hinemos」を選択します。

rootパスワードや自動バックアップの有無、SSH Keyの使用などを設定し、「追加」ボタンを押してVPSを作成します。

hm00

Hinemosのアプリケーションイメージには、Hinemosマネージャーだけでなく、WebクライアントやOpenJDK(Java SE Developer Kit)などがあらかじめインストールされているので、 VPSを作成した後すぐにHinemosを利用できて便利です。

 

今回使用したOSとHinemos及び、必要なパッケージのバージョンを以下に示します。

OS Cent OS 7.2.11(64ビット)
Hinemos 5.0.2
OpenJDK 1.7.0.99
rsyslog 7.4.7
vim-common 7.4.160

 

3. Hinemosを利用してみよう

VPSを作成したら、ブラウザのアドレスバーに「http://[作成したVPSのIPアドレス]」を入力し、HinemosのWebクライアントにアクセスします。

Connect[Login](接続[ログイン])ダイアログにある、User ID(ユーザID)Password(パスワード)の欄に「hinemos」と入力し、「Login(ログイン)」ボタンを押します。

hm01

Enterキーを押して、Loginボタンを押すこともできます。

 

ログインに成功すると、Hinemosのスタートアップ画面が開きます。「Repository Perspective(リポジトリ パースペクティブ)」の所をクリックします。

hm03

スタートアップ画面のウサギさんが可愛いですっ!
Hinemos公式キャラクターの「もにた」よ。

 

3.1. Hinemosで管理したいVPSを登録する

リポジトリの画面が現れたら、Repository[Node](リポジトリ[ノード])タブにある「Create(作成)」ボタンを押します。

ノード作成(Repository[Create/Modify Node](リポジトリ[ノードの 作成・変更]))ダイアログが現れます。

hm07

KUSANAGIのVPSの情報を入力して、「Register(登録)」ボタンを押します。

hm08

Name 名前 内容
Facility ID ファシリティ ID 管理するコンピューターを識別するための、ユニークな文字列を入力します。

上図では「conoha_node」と入力しています。

Facility Name ファシリティ名 インターフェース上に表示する、管理対象のコンピューターのラベルを入力します。

上図では「conoha_node_01」と入力しています。

Platform プラットフォーム 管理するコンピューターのプラットフォーム(LinuxやWindowsなど)を選択します。
IP Version IPアドレスのバージョン IPアドレスのバージョン(4 or 6)を選択します。
IPv4

(IPv6)

IPv4のアドレス

(IPv6のアドレス)

管理するコンピューターのIPアドレスを入力します。

IPアドレスのバージョンで4を選択した時はIPv4に、6を選択した時はIPv6にIPアドレスを入力する必要があります。

Node Name ノード名 管理するコンピューターのホスト名を入力します。

 

3.1.1. デバイスサーチ機能を使ってみよう

デバイスサーチ機能を利用すると、指定したIPアドレスを探索して、SNMP応答のあるコンピューターの情報を自動で入力することができます。

えすえぬえむぴー?
SNMPは「Simple Network Management Protocol」の略で、ネットワークに接続されている機器をモニタリングしたり、制御したりするプロトコルなの。

 

では、今回作成したVPSをHinemosに登録してみましょう。IP Address(IPアドレス)の欄にVPSのIPアドレスを入力し、「Search」ボタンを押します。すると、PlatformやNode Nameなどに情報が自動で入力されます。

hm12

これで、Hinemosに「KUSANAGIのVPS」のノード「conoha_node」と「HinemosマネージャーのVPS」のノード「conoha_manager」の2つが登録されました。

hm13

 

3.2. スコープを作成する

スコープとは、複数のコンピューターをグループ化する仕組みで、モニタリングやジョブなどをまとめて設定することができます。

 

ここでは、KUSANAGIのVPSとHinemosマネージャーのVPSを、1つのスコープ「conoha_scope」にグループ化していきましょう。

Repository[Scope](リポジトリ[スコープ])タブにある「Create」ボタンを押します。

hm14

スコープの作成ダイアログが現れたら、スコープの「Facility ID」と「Facility Name」を入力し、「Register」ボタンを押します。

hm16

Facility IDはノードのFacility IDも合わせて、ユニークな文字列にするのがポイントです。

 

Repository[Scope]タブから、先ほど作成したスコープを選択して、「Assign(割り当て)」ボタンを押します。

hm17

ノード選択のダイアログが現れたら、KUSANAGIのVPSとHinemosマネージャーのVPSを選択し、「Assign」ボタンを押します。

hm18

これで、KUSANAGIのVPSとHinemosマネージャーのVPSをグループ化することができました。

hm19

 

4. HinemosからVPSへのPINGの応答状態をモニタリングしてみよう

ここからはいよいよ、Hinemosの監視機能を使って、管理しているコンピューターの応答状態を可視化するために、PINGの応答状態をモニタリングしてみましょう。

 

4.1. PINGのモニタリング設定を作成する

スタートアップ画面から「Monitor Setting Perspective(監視設定 パースペクティブ)」の所をクリックし、モニタリング設定のパースペクティブを開きます。

hm29

Monitor Setting[List](監視設定[一覧])タブにある、「Create」ボタンを押します。

hm21

Monitor Type(監視種別)のダイアログが現れたら、「Ping Monitor (Numeric)(PING監視 (数値))」を選択し、「Next(次へ)」ボタンを押します。

hm22

Pingの設定ダイアログ(Ping[Create/Modify](ping[作成・変更]))が現れたら、Monitor IDやScopeなどを設定し、OKボタンを押します。

hm23

hm25

Name  名前 内容
Monitor ID  監視項目ID モニタリングの項目を識別するための、ユニークな文字列を入力します。

上図では「conoha_ping_test」と入力しています。

Scope スコープ モニタリングするスコープまたはノードを選択します。

上図では「conoha_scope_01(IDは「 conoha_scope」)」を選択しています。

Condition(条件)
Interval 間隔 モニタリングを行う間隔(1分、5分、10分、30分、60分)を選択します。通常は5分以上に設定します。
Check Setting(チェック設定)
Number of Times 回数 1回のモニタリングごとに送信するPINGの数を入力します。
Monitoring / Judgement(監視 / 判定)
Response Time 応答時間 応答時間の判定基準値(ミリ秒単位)を入力します。

上図の場合、1000ミリ秒未満でInfo(情報)、1000ミリ秒以上3000ミリ秒未満でWarning(警告)、3000ミリ秒以上でCritical(危険)判定となります。

Packet Loss パケット損失 PINGを実行した時のパケットの損失数の基準値を入力します。

上図の場合、パケット損失なしでInfo(情報)、1つ以上51未満でWarning(警告)、51以上でCritical(危険)判定となります。

Notification(通知)
Notification ID 通知 ID 通知方法のIDを設定します。ここでは、以下の2つのIDを指定しています。

  • STATUS_FOR_POLLING
  • EVENT_FOR_POLLING

また、Collection(集計)のチェックボックスをオンにすると、PINGの応答時間を時系列で集計することができます。

hm26

これで、VPSへのPINGの応答状態をモニタリングできるようになりました。

 

4.2. 優先度が「Info」のステータスも通知するように変更する

デフォルトでは、優先度が「Info」のステータスの通知がオフになっているので、オンに変更してみましょう。

Monitor Setting[Notification](監視設定(通知))タブから「STATUS_FOR_POLLING」の項目を選択し、「Modify(変更)」ボタンを押します。

hm31

Notification (Status) [Create/Modify](通知 () [作成・変更])のダイアログが現れたら、Status Notification(ステータス通知)内の「Info :(情報 :)」の右隣にあるNotification(通知)のチェックボックスをオンにして、OKボタンを押します。

hm32

 

4.3. VPSのステータスをモニタリングする

設定を終えたら、ステータス通知の様子を見ていきましょう。

スタートアップ画面から「Monitor Histry Perspective(監視履歴 パースペクティブ)」の所をクリックし、モニタリングの履歴のパースペクティブを開きます。

hm30

開いたパースペクティブにあるMonitor Histry[Status](監視履歴[ステータス])タブ内に、KUSANAGIのVPS及びHinemosマネージャーのVPSへのPING応答のステータス通知が表示されています。

hm33

項目をダブルクリックすると、そのステータス通知の詳細のダイアログが現れます。PINGのモニタリングの場合、Messege欄にパケットを送信した数と正しく受信した数、パケットを損失した数が表示されます。

hm35

 

4.4. パフォーマンスの様子を見る

4.1.での設定ダイアログにて、「Collenction」のチェックボックスをオンにした場合、パフォーマンスのパースペクティブから、集計されたPINGの応答時間のデータを見ることができます。

HinemosのWebクライアントのメニューバーから「Perspective(パースペクティブ)」→「Open Perspective(パースペクティブを開く)」を選択します。

ダイアログが現れたら、「Performance(性能)」を選択し、OKボタンを押します。

hm36

Performance[List](性能[一覧])タブから項目を選択して、右上にある「Add Graph(グラフ追加)」ボタンを押します。すると、Performance[【Monitor ID】](性能[【監視項目ID】])タブに、集計したデータのグラフが時系列で表示されます。

hm37

 

5. おわりに

今回は、ConoHaのアプリケーションイメージからオープンソースの運用管理ツール「Hinemos」を使って、本サイトを運用しているKUSANAGIのVPSを管理し、そのVPSへのPINGの応答状態をモニタリングしてみました。

今回は1台のVPSを管理していましたが、PINGやHTTPなどのレスポンスやCPUなどのリソースの使用量をリアルタイムに可視化できて便利です。

 

ところで、ミョウガさんとニアさんは、Hinemosなどの運用管理ツールを使ったシチュエーションで、何か思いつきますか?
わたしは、実家の喫茶店のランディングページ作った時にそれを運用するサーバーの管理かな?
私は、GitLabやJenkinsなどの開発環境をインストールしたサーバー管理に活用してみたいです。
GitLabやJenkinsも確かアプリケーションイメージにあるから、今度やってみようっと。
シアたんは何に使おうと考えてるのです?
ワタシは、博士の研究所にある数千台のVPSを一括管理しようかしら?
さあ、研究所のVPS達よ、Hine様を称えるのです!
サー、イエッサー!Hine様、仰せの通りに・・・!
イエス、マイロード・・・
って、どうしてこうなった!?

というか、Hime様じゃなくてHine様!?

冗談ですよ。フフフ

 

それでは、See you~☆

 

参考サイト

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : シアたん(Xiia)

こんにちはー!時黒(トキクロ)博士によって開発された超高性能アンドロイド「Xiia(シア・クロノワール)」です。Chronoir.net の新マスコットキャラとして頑張っていきますので、よろしくお願いします!☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*