MacBook Pro 2018を購入しました!

  |   2018/07/19 ( 2018/12/31 ) | 339 views
 0

こんにちはー!ニアです。

先日にMacBook Pro 2018(15インチモデル)を購入しました。
DockerやUnityなどを使った開発の幅がさらに広がりそうです!

1. ニアは、何をカスタマイズしたの?

スペックを重視するため、15インチの方を選択しました。

  • CPU: Core i9 8950HK
  • メモリ: 32GB(DDR4)
  • SSD: 1TB(PCIe)

SSDは、はじめ2TBも考えていたのですが、今まで使用していたMacでは、ストレージを130GB程度使用していたので、AndroidのエミュレーターやDockerイメージなどの追加分や外付けSSDを持っていることを考慮して、1TBで大丈夫だと決断しました。(何せ1TB→2TBにすると、追加で9万弱かかるので(汗))

お値段はおよそ45万円、AppleCare+込みで50万円でした。(iPad miniと13インチMacBook ProではAppleCare登録は見送っていたのですが、今回は流石に登録しました)

Nia08.png
ちなみにそこからSSDを4TBにすると、70万円超えます!

外観はMacBook Pro 2016/2017とほぼ一緒ということで、2016/2017用のディスプレイ保護シートとケースをヨドバシで購入しました。

2. 実際に現場へGO

帰宅後に開発環境をセットアップし、翌日から現場で使用してみました。

一番よかったのは、メモリのサイズアップです。Dockerに割り当てるメモリをより多くすることができ、コンテナがたくさん起動できます。

またCPUの性能アップ+RadeonのGPUにより、Unityでの作業がスムーズになった気がします。CPUをフルで使用する機会は今の所アセットのインポート時(もとい、テクスチャの圧縮時)で、それ以外では少しだけの使用率です。Core i9強い。

あとはバタフライキーボードがより打ちやすくなったなと思います。(※バタフライキーボードから始めた私からみての感想です。)

3. おわりに

気づけば、Macをよく使うようになって、メモリ8GBとSSD256GBでは少々キツくなり、今回は思い切って強いスペックにしました。

生まれて初めて高価な買い物でしたが、満足のいける性能だと私は思います。

今まで使用していた13インチMacBook Proとともにエンジニアライフを邁進するぞい!

番外. 見せてもらおう、Core i9の力を

左がMacBook Pro (15インチ Mid 2018/Core i9-8950HK)、右がMacBookPro(13インチ Mid 2017/Core i5-7267U)

Geekbenchの公式サイトにある「Mac Benchmarks」と比較してみると、MacBook Pro (15インチ Mid 2018/Core i9-8950HK)の方のマルチスレッドのスコアはMac Pro (Late 2013)といい勝負しています。しかも同じ6コア12スレッド数を持つXeon E5-1650のMac Proに圧勝している件。ぱないの!

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

ニア(Nia)

サーバー・フロント・DB・インフラ(クラウド)エンジニア。主にC#/PHP(最近はTypeScriptも)を使っています。最近はDockerやWebアプリ、UWPやモバイルアプリ開発(Xamarin)、ブロックチェーン等を探求中。好物は紅茶とコーヒー、シラス丼、趣味は写真撮影と音ゲーです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください