【お宝探しだ!】ワールドモバイル秋葉原でアプリ開発用のスマホを購入した話

  |   2018/12/31 | 316 views
 0

こんにちはー!ニアです。

今回は秋葉原にあるワールドモバイルで、アプリの検証用として使うための中古のiPhone SEとジャンクのAndroid 2.3端末を購入した時のお話です。

1. iPhone SE編

11月のある日、スマホのGoogle Chromeを開いたら、とても興味深い記事が目に入りました。

iPhone SEに掘り出し物、SIMフリーの中古品が14,500円! – マイナビニュース

Nia10.png
え、マジで!?
ちょっと実機検証用に買おうかな

中古とはいえ、SIMフリーのiPhoneが2万円以下で買えるのは魅力的です。ということで、販売開始日の11月23日(金・祝)に秋葉原のワールドモバイルに行ってきました。

Nia04.png
11時頃に着いたんだけど、この時点で64GBモデル以外はすべて売り切れていたよー!

私が買ったのは、ストレージ64GB・スペースグレイのモデルです。

本体に若干凹みがあるけど、画面は割と綺麗で開発用として使用するには十分なコンディションです。

Nia02.png
本体の凹みぐらいならスマホカバーで隠せるから、とにかくディスプレイのコンディションを重視したんだ。

初期設定を終え、iOSアプリの開発検証用端末として降臨しました。

左から、KATANA02(Windows 10 Mobile)、iPhone SE(iOS)、Xperia XZ1(Android 8.0)
Myoga07.png
ニアー、そのiPhone SEなんだけど、ニアが元々持っているiPad mini4よりスペック高いですよー!
Nia04.png
ナ、ナンダッテー!?
iPad mini4iPhone SE
SoCApple A8(1.4GHz)Apple A9(1.85GHz)
メモリ2GB2GB
発売日2015年9月9日2016年3月31日

Apple A9はApple A8の後継のSoCなので、CPUの処理は、今回購入したiPhone SEの方が高性能なのです。

Xiia03.png
今度から音ゲーは、iPhone SEでやってみましょ!
Nia08.png
4インチの小さなディスプレイで、ノーツを捌き切れんわー!

2. Android 2.3端末編

時は12月のある日、検証用にFlash Playerに対応したAndroid端末(2.3系)が必要になったので、再びワールドモバイルへ行ってきました。

Nia02.png
WordPressの勉強会への参加で茅場町へ行くついでに寄ってきたのだ

購入したのは、INFOBARのジャンクスマホ(2011年モデル)です。INFOBARの公式サイトにあるFlashが再生できたので、ひとまず要件クリアです。

ちなみにお値段は1480円(税抜)

Nia04.png
ジャンクスマホなら簡単に見つかるだろうと思っていたのですが、Android 2.3系を見つけるのは思ったより大変でした。

3. おわりに

メインで使用する端末は新品を使いたいけど、アプリ開発用に中古の端末を候補にするのはアリだなと思いました。

気づけば、スマホの所持台数が5台(Android 3台、iOS 1台、Windows 1台)になってましたw

今年もお世話になりました!来年もよろしくお願いします!

Nia02.png
よいお年を!
この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

ニア(Nia)

サーバー・フロント・DB・インフラ(クラウド)エンジニア(目指すはフルスタック)。主にC#/PHPを使っています。最近はDockerやWebアプリ、モバイルアプリ開発(Xamarin)を探求中。好物は紅茶とコーヒー、シラス丼、趣味は写真撮影と音ゲーです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください