UWPプロジェクトの作成時に、エラーが発生した時の対処方法(for Visual Studio 2015)

  |   2016/10/01 ( 2018/12/31 ) | 812 views
 0

こんにちはー!ニアです。

ちょっとUWPアプリを作ろうと、Visual Studio 2015でプロジェクトを作ろうとしたら、以下のようなエラーダイアログが現れたのです。

vs2015u3-uwp1

Nia08.png
ちょ、プロジェクト作れないしっ!

1. 当時の開発環境

OS Windows 10 Build 14393.187(Aniversary Update適用済み)
Visual Studio Visual Studio 2015 Update 3
Windows 10 SDK 10240、10586、14393(Annversary Update)

2. 解決するまでの道のり

2.1. 最新バージョンのWindows 10 SDKを修復

眠るシーラカンスと水底のプログラマー の記事を見て、もしかするとWindow 10 Anniversary Update SDKのインストールで問題があったのかと考え、そのSDKを修復してみました。

コントロールパネルを開き、プログラムのアンインストールまたは変更より「WIndows Software Development Kit – Windows 10.0.14393.xx」を選択して、「変更」をクリックします。

vs2015u3-uwp2-1

以下のようなウィンドウが現れたら、「Repair」を選択して「Next」ボタンを押し、SDKを修復します。

vs2015u3-uwp2-2

待つこと約5分、修復は終えましたが、前述のエラーは解決できませんでした。

2.2. VSTemplateファイルを編集

[Visual Studio 2015のフォルダー]\Common7\IDE\ProjectTemplates\CSharp\Windows Root\Windows UAP\1041\BlankApplicationの中にある、BlankApplication.vstemplateを開きます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<VSTemplate Version="3.0.0" xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/vstemplate/2005" Type="Project">
	<TemplateData>
		<!-- 中略 -->
	</TemplateData>
	<TemplateContent PreferedSolutionConfiguration="Debug|x86">
		<!-- 中略 -->
	</TemplateContent>
	<WizardExtension>
		<Assembly>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a</Assembly>
		<FullClassName>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards.CreateProjectCertificate.Wizard</FullClassName>
	</WizardExtension>
	<WizardExtension>
		<Assembly>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a</Assembly>
		<FullClassName>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards.ApplicationInsights.Wizard</FullClassName>
	</WizardExtension>
	<WizardExtension>
		<Assembly>NuGet.VisualStudio.Interop, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a</Assembly>
		<FullClassName>NuGet.VisualStudio.TemplateWizard</FullClassName>
	</WizardExtension>
	<WizardExtension>
		<Assembly>Microsoft.VisualStudio.Universal.TemplateWizards, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a</Assembly>
		<FullClassName>Microsoft.VisualStudio.Universal.TemplateWizards.PlatformVersion.Wizard</FullClassName>
	</WizardExtension>
	<WizardData>
		<packages repository="registry" keyName="NETCoreSDK" isPreunzipped="true">
			<package id="Microsoft.NETCore.UniversalWindowsPlatform" version="5.0.0" skipAssemblyReferences="false" />
		</packages>
	</WizardData>
</VSTemplate>

上のコードの13~16行目(実際のファイルでは48~51行目)にある「WizardExtension」の部分をコメントアウトし、保存します。

 <WizardExtension>
	<Assembly>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards, Version=14.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a</Assembly>
	<FullClassName>Microsoft.VisualStudio.WinRT.TemplateWizards.ApplicationInsights.Wizard</FullClassName>
 </WizardExtension>

[Visual Studio 2015のフォルダー]\Common7\IDE\ProjectTemplatesCache\CSharp\Windows Root\Windows UAP\1041\BlankApplicationの中にある、BlankApplication.vstemplateも同様に編集します(ProjectTemplates側から上書きコピーでもOK)。

この編集によって、UWPアプリのプロジェクトが作成できるようになりました。

vs2015u3-uwp3

ひとまず、一件落着ですね。

Nia09.png
VSを再インストールする羽目にならなくてよかった~

参考サイト

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

ニア(Nia)

ゲーム系の開発&運用エンジニア(目指すはフルスタック)。主にC#(Unity)/PHPを使っています。最近はDockerやKubernetes、プライベートではAndroid Wearアプリやモバイルアプリ開発(Xamarin)を探求中。好物は紅茶とコーヒー、シラス丼、趣味は写真撮影と音ゲーです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください