新しいMyノートPC(富士通 FMV LIFEBOOK WS1/W)を購入しました!

By | Date : 2016/11/29 ( Last Update : 2016/11/30 ) | 164 views

カテゴリ : PC ガジェット タグ: ,

Nia-TN-SDF-A10

こんにちはー!ニアです!

先日、新しいノートPC(富士通 FMV LIFEBOOK WS1/W)を購入しました。

dsc_0646

1. 今まで使用していたノートPCが小破していた件

先月、今まで使用していたノートPC(FMV LIFEBOOK SH76/C(以降、SH76/C))のヒンジが経年劣化しており、亀裂が入っていることに気づきました。

dsc_0640

道理でディスプレイががたついていたのかー

PC自体は故障していないので、破損箇所をセロハンテープで応急処置しました(笑)。SH76/Cは大学入学時から5年半以上使用しているのですが、SSDは昨年の夏に付けたばかりなので、リサイクルに出すのはMOTTAINAIぜよ。まだまだ使いまっせ。

 

2. 新たなノートPCにFMV LIFEBOOK WS1/Wをチョイス

2.1. 普段の使い方

私は主に

  • Visual Studioでアプリの開発(デスクトップ(WPF)やモバイル(UWP、Xamarin)、Web)
  • CLIP STUDIO PAINTでイラストを描く
  • Officeでレポートや資料、スライドを書いたり、OneNoteでまとめたりする
  • ネットサーフィン、SNS、ブログ
  • メディアプレーヤーで音楽を聴く

で使用しています。

 

2.2. 条件

普段の使い方から、以下のような条件に決めました。

  • メモリは8GBより多く
  • ストレージはSSD 500GB以上
  • ディスプレイの解像度はFull HD以上
  • Windows Helloに対応している

ストレージは、Visual Studio+Xamarinのインストールに50GB前後(Android SDKなどもインストールする場合、さらに50GB位)必要で、プロジェクト用のファイルを保存したり、他のアプリをインストールしたりすることも考慮して、この位は必要かなと思いました。

また、ディスプレイの解像度がWXGA(1366px×768px)では、表示できる情報量が少ないので、もっと高精細な解像度がほしかったからです。

イラストを描く時とモバイルアプリ開発でエミュレーターを使用する時にメモリを多く使うので、メモリは積める限り積むことにしました。

指紋認証は絶対に譲れないぞ!

 

SH76/Cの後継機であるFMV LIFEBOOK WS1/W(以降、WS1/W)かSurface Bookかで迷いましたが、最終的にはWS1/Wをチョイスしました。

[富士通WEB MART] LIFEBOOK WS1/W カスタムメイドモデル : 富士通

 

2.2. スペック

旧ノートPC(SH76/C) 新ノートPC(WS1/W)
モデル FMV LIFEBOOK SH76/C FMV LIFEBOOK WS1/W

(SH90/Wのカスタムメイド版)

CPU Intel Core-i5 2520M(2.5 GHz / SandyBridge) Intel Core-i7 6500U(2.6 GHz / Skylake)
メモリ 4GB(2GB×2) → 8GB(4GB×2) 12GB(4GB(オンボード)+8GB)
ストレージ HDD 640GB → SSD 500GB SSD 512GB
ディスプレイ 13.3インチ、1366px×768px(WXGA) 13.3インチ、2560px×1440px(WQHD)、タッチ対応
光学ドライブ DVDスーパーマルチ(着脱式) DVDスーパーマルチ(着脱式)
バッテリー 10.8V、6200mAh 77Wh+28Wh(増設分)
OS Windows 7 → Windows 8 / 8.1 → Windows 10 Windows 10
備考 指紋認証(Windws Hello)に対応 指紋認証(Windws Hello)に対応

 

SH76/Cでカスタマイズした時のスペックは維持 or アップし、メモリを12GBに、ディスプレイの解像度をFull HDより高精細なWQHDにしました。

また、外出先での利用を考え、バッテリーは増設用も追加しました。

これで、アプリ開発とイラスト作成が捗るぞい!

 

お値段は、定価が約31万円でしたが、WEB MARTのクーポンを利用することで約22万円で購入することができました。1年前のモデルとはいえ、コストパフォーマンスが高いです。

 

2.3. WEB MARTで購入する時のちょっとした裏技

WEB MARTで購入する時、代引きや銀行振込で支払う場合、手数料がかかるのですが、みずほ銀行のATMからの振込の場合、

上の2つ条件を満たしている時、振込手数料が無料になります。

みずほ銀行の口座を持っている方はちょっとお得ですね。

 

3. さあ、新たな相棒を堪能しよう

まずは、天板部分です。よく見ると、黒色の塗装にほんのりとしたラメが見えます。

dsc_0648

痛化はするのですか?
折角買ったばかりなので、天板の痛化はしないことにしたよ。するとしてもせいぜい、キーボード側の上部部分にワンポイントとして飾るぐらいかな。

シンプルが一番です!

 

こちらはキーボードの開けた時の様子です。キーボードはアイソレーション型で、掃除しやすそうです。ちなみに指紋認証のリーダーは右下にあります。

dsc_0588

 

続いて側面。USB3.0端子が3つとHDMI端子、ヘッドフォン端子に加え、有線LANコネクタとアナログRGB端子まで備えています。

dsc_0649 dsc_0652

モバイルマルチベイには、DVDドライブや、増設用バッテリー、カバーを付けることができます。普段は増設用バッテリーを付けていて、アプリをインストールする時など、CDやDVDを利用する時は、DVDドライブに付け替えています。

dsc_0655

気になるバッテリーの駆動時間ですが、増設用バッテリーを付けた状態では、多い時で残り20時間15分と表示されました。ぱないの!

 

また、SH76/Cと比べてディスプレイの厚み分だけ薄くなりました。質量は、増設バッテリーを付けた状態で1.52kgと大体Surface Book(グラフィックスボードなし)と同じで、モバイルPCにしては少し重めですが、これでもSH76/C(1.66kg)よりは軽いです。

dsc_0653

そういえば、パパが持っていた昔(1999年代)のノートPCは、3kg以上あったよ
3kgというと、ショルダーホン並の質量ですね

 

SH76/CのACアダプター(左)とWS1/WのACアダプター(右)です。WS1/Wの方はスリムで軽く、PCバッグに楽々収納できます。

dsc_0584

これに、USB充電ポートがあったら、Greatですよっ!
V○IOかっ!

 

ちなみに、WS1/Wの左側面のUSB端子はPCの電源OFFの時でも、充電ポートとして利用できます。

 

4. おわりに

今は、WS1/Wのセットアップとデータ移行がほぼ終わり、メインのPCとして利用しています。

SH76/CはInsider Buildなどテスト環境にするか、Linuxを入れるか、それともWindows 7を再インストールするか迷いまする。

じっくり考えてみるとしますか。

 

それでは、See you next!

 

この記事をシェアする
Chronoir.netのRSSフィードを購読する

About : ニア(Nia)

紅茶とコーヒーが好きな湘南生まれのプログラマー/ITエンジニアです。主にC#/C++/PHPを使ってプログラミングをしています。趣味は写真撮影と音ゲーです。時々イラストを描いています。プログラミングを勉強している方々と仲良くなりたいです! 興味を持っている分野:UWP/Xamarin/Android Wear/WPF/Windows/Visual Studio/WordPress/KUSANAGI/nginx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*